東京では最後の出会いの時間です

「私は東京しかいません」
泣きながら言った。

そして最後に、それが最後の時間です…
「むーちゃんが好きじゃないのが残念」
東京は泣いて泣いた。

今、私に機会があれば、私は私の力すべてで彼女に謝罪したいという欲求に満ちています。
東京 出会い

その最後の涙の声はまだ私の耳にはまっていて、私はそれを残すことはできません。
私は私の呼吸が止まろうとしているという声に変えることができないという喉の痛みを思い出すことができます。

この「レモン」の歌詞の中で最も私を襲ったのは、
「今でもあなたは私の光です」
それはフレーズです。

この部分は私のためです
「あなたはまだ私の痛みです」
東京はあなたにしか聞こえません。

きっと彼女の中の私は痛みだけではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です