素敵な時代を約束する桑名のママ活

私はその家を知っていたので、手紙を送りました。 (この時代はちょっと怖いです。)返事はありませんでしたが、思いは伝わってきました。大学も憧れの先輩と同じ大学です(//∇//)

 

 

https://www.nikukai.jp/mie-mamakatsu/#heading4

結局のところ、それはクールです。乗ったスクールバスで隣に座った!大丈夫!機会が到来しました!

桑名のママ活「(私)ええと…あなたは先輩ですよね?私は大学生の同じクラブにいました。一度手紙を書いてください…」(先輩)えっ!あなたですか!びっくりしました。 。しかし、私はそれを捨てていません、そして、私はまだそれを持っています。 』\

憧れの先輩が私の恋人になりました。時が経ち、どちらも働く人です。

一緒に暮らし始めましょう。桑名のママ活

22歳の夏…先輩が友達と一緒に海にキャンプに行った。招待されましたが、家に帰らなければならなかったので行けませんでした。

………… 電話してね …………

………海に溺れて死んだ……

それは正しい。彼は泳げたのに。

夜も葬式も泣けませんでした。突然受け入れられない。

先輩の顔の唇にかみ傷がありました。寒くて眠っているようです。

棺に取り付けられた絵本と二人の写真。菊田まりこさんの「いつでもお会いできます」..。

彼は小さな壺に入っていた。

翌年は暗闇でした。

いつかたくさんの人が約束しました!どうして!どうして!合格しました。枕に顔を埋めた、ええと! !!私は悲鳴を上げて8つのことを打ちました。そして、答えはそれに戻りませんでした、そして私はそれを閉じました。

きちんと泣くことができたのは私の死の記念日でした。

泣きながら…死んだことを認めた。

2回桑名のママ活

先輩…ここにいたら彼を探しています。始められない。だから に行くことを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です