東京の出会いの舞台は公衆浴場なのです

* * *
今年「東京の出会い」シリーズで亡くなったツリーノブノリツリー氏の傑作の一つが東京の出会いで再放送されています。このドラマをもう一度見て驚くのは、女性の裸が実に広範囲に出てくることです。浜崎さん会計係の浜崎さん(当時の名前は悠希ちほ)は大浴場「孫の湯」、大家(船越英二)、女(森愛子)、長年の助手(三代目は浅田美代子)、従業員の健康管理(酒井正明)。話の舞台は公衆浴場なので、

東京 出会い

客が衣服の部屋で裸になるのは当然ですが、失恋した女性客もいますが、あちこちで話したり笑ったりしています。自分の体が映っていても、多くの人は自分の顔を理解していません。

もちろん話題を作るのはヌードだと思いますが、東京の出会いアピール以上の生活感覚があり、ドラマに人間味を加えたように感じます。 70年代になると、公衆浴場や入浴シーンで裸が頻繁に現れました。 70年ぶりに始まった時代劇「大江戸捜査ネットワーク」(テレビ東京シリーズ)にインタビューしたとき、会場は公衆浴場だったのでこっそりと事件を探してこっそりと捜していましたセットもありました、そして、私はパフォーマーから「私は目の存在なしで悩んだ」と聞きました。正義の味方側も混乱していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です